夜泣きの原因として、以下のことが考えられます。 ・生理的原因 ・病気 ・ストレス ・昼間の刺激 夜泣きで最も多い原因は、生理的なものです。 おしめが濡れている、お腹が空いた、部屋が暑い、部屋が寒いといったことが原因で、夜泣きをすることが多いでしょう。 この場合、泣いている原因さえ解決してあげれば、すぐに泣き止むはずです。 また、病気で夜泣きをする場合もあるので、注意してください。 何か病気にかかると体調が悪くなり、それが原因で夜泣きをすることもあります。 普段と様子が違うと感じた場合は、病院で診てもらいましょう。 それに、赤ちゃんも人間なので、大なり小なりストレスを感じていて、そのストレスを発散するために夜泣きをしている場合もあります。 その場合には、好きなだけ泣かせてあげるのも大切です。 それから、昼間に強い刺激を受けたり、強烈な体験をすると、夜泣きをすることがあるでしょう。 ですから、昼間にあまり過度な刺激を与えないようにしてください。 夜泣きの主な原因はこのようなものですが、特に理由もなく泣いている場合もあります。